市長メッセージ(「BA.5対策強化宣言」の終了と「全数把握を見直し」をうけて)

本日、「BA.5対策強化宣言」の終了と「全数把握を見直し」をうけての

コメントを発表させて頂きました。

以下メッセージ
https://youtu.be/2kxVodyfWco

============================================

本市における新型コロナウイルス感染症の新規感染者数は、
7月後半から8月前半をピークに減少傾向がみられます。
しかし、依然として新規感染者数が100人を超える日も多く、
決して気を緩めることはできません。
 そのような中、8月4日から埼玉県が県内全域に発令していた
新型コロナウイルス感染症の「BA.5対策強化宣言」が、
9月30日をもって終了することとなりました。
 また、国は、これまで行っていた新型コロナウイルス感染症の
全数把握を見直し、9月26日から発生届出の対象を「65歳以上の方」
「入院を要する方」「重症化リスクがあり、
新型コロナウイルス感染症治療薬の投与又は新たに酸素投与が必要と
医師が判断した方」「妊婦の方」の4類型に限定することとしました。

このことにより、4類型以外の方は、陽性と診断されても発生届が

提出されないこととなるため、陽性となった場合には、

埼玉県が新たに設置した「陽性者登録窓口」に必要な情報をご自身で登録し、
国のMy HER-SYSまいはーしすを活用して自ら健康観察を行い、
体調が悪化した時には、看護師が常駐する、埼玉県設置の
「陽性者相談窓口」に相談いただくことになります。このように、
全数把握の見直しに伴い、陽性になった場合の取り扱いが
変更となりますので、ご協力いただきますようお願いいたします。
 市民の皆様には、引き続き、「三つの密」の回避を含め、
「人と人との距離の確保」、「マスクの着用」、「手洗いなどの手指衛生」

等の基本的な感染防止対策を徹底していただくなど、

感染拡大を防ぐ取り組みにご協力いただきますようお願いいたします。

令和4年9月26日
越谷市長 福 田 晃

============================================