キャッチフレーズ

地域に根ざしたまちづくり! 夢は越谷にJリーグチームを!



【政策1】地域に根ざしたまちづくりの推進

@地元産業
地元産業の育成と発展のために、越谷の特徴を活かした新たな産業モデル創出に積極的に取り組みます。 また同時に若手経営者の育成・支援の強化を図ります。

A防災(災害対策)
現在の防災体制のチェックと見直しを徹底します。私は、IT企業でお客様の基幹システム (重要データ)を守る仕事をしていました。その際に徹底的に学んだリスク回避考え方を 市の防災に活かします。

B地域医療
越谷では看護師の不足に悩まされています。地域医療の目指す姿として、 病院にかかる人数を減らすことを念頭においた、予防医療への取り組みを推進します。

C自然環境
越谷は非常に多くの河川に囲まれたまちです。私は河川の美化と氾濫防止に積極的に 取り組みます。市に頼るだけではなく、NPOとの連携やボランティアの方を募るなど、 市民参加型の活動を実施します。

Dイベント
近年の課題として地域コミュニケーションの不足があげれます。 自治会活動やイベントにおいての中心はご年配の方々であり、残念ながら若い方の 参加人数は少ないというのが現実です。私はサッカー選手だった経験を活かし、 子供からご年配まで一体となって参加できるスポーツを中心としたイベントや ボランティアを充実させ、活気あるまちづくり、地域に根ざしたまちづくりを行います。

尚、私はこの越谷で小学校一年生のときにサッカーをはじめ、最終的には、水戸ホーリーホック (現在Jリーグ2部に所属)で2年間プレーをすることが出来ました。 水戸では子供からご年配の方まで一体になれる「地域に根ざしたスポーツチームによるまちづくり」の すばらしさを数多く学びました。大きな夢ではございますが、私は、(財政的にも)越谷市だけではなく、 例えば埼玉県南東部、地域の5市1町(草加市、越谷市、八潮市、三郷市、吉川市、松伏町)を ホームタウンとしたサッカーチームを立ち上げJリーグ参加を実現し、 この越谷を盛り上げると同時に、多くの子供たちに夢をあげたいと思います。


【政策2】『無駄の排除』と『選択と集中』

現在地方財政そして越谷市の財政は非常に厳しい状況です。 実施しなければならないことは、数多くありますが、少子高齢化社会で税収が減っていくなか 予算を増やせる状況でありません。民主党は国政において、事業仕分けで一定の成果をあげましたが、 市政においても同様の活動をしていかなければならないことは間違いありません。 私はサラリーマンとして鍛えた眼で、本当に越谷市に必要なことは何かを真剣に見極め、 徹底したムダの排除と、有効な税金活用を推進します。


【政策3】教育環境、子育て環境の整備

この越谷には、お子様が保育園に入れないために、働くことが出来ないご家庭が数多くあります。 2人の子供を持つ親として、待機児童ゼロをめざし、新たな保育園の設立など、お父様、お母様が 安心して働ける環境作りに取り組み、暮しやすいまちづくりを目指します。 また情報社会の中、読書の価値が見直されています。そこで学校図書館の充実にも 取り組みたいと考えております。


【政策4】ご年配の方へのIT活用の推進

情報化社会が進み、最近の情報発信やコミュニケーションツール としての媒体はパソコン、携帯が中心となっております。 そんな中、『気軽にお孫さんとメールでやり取りがしたい。』『インターネットを使って色々な情報を入手したい。』 という声を良く聞きますが、同時に『操作が難しい』 『恥ずかしくて友達には聞けない』などのご意見も よく耳にします。私はIT企業で10年間働いていた経験を活かし、気軽に参加できるパソコン教室、 携帯電話教室を開催し、IT活用の推進をご年配の皆様にも広げていきます。

twitter

後援会事務所

〒343-0046
埼玉県越谷市弥栄町4−1−120
TEL/FAX 048-978-3335
問合せはこちらをクリック

ボランティア募集

ポスター張り
チラシ配り
などお願いできれば幸いです
問合せはこちらをクリック

リンク